いわし

【意味】 いわしとは、ニシン目イワシ類の海魚の総称。紫。

【いわしの語源・由来】

いわしは、すぐに死んでしまう弱い魚であることから、「弱し(よわし)」が転じたとする説が有力で、「鰯」の表記も平安時代から見える。
また、ハ行転呼音の以前から、「弱し」も「いわし」も第二音節が「ワ」で一致する。
ただし、第一音節の「ヨ」から「イ」への音韻交替は他に例がない。
その他、いやしい魚であることから、「いやし」が「いわし」に転じたとする説もある。

【関連語】

【関連リンク】

イワシの栄養・効果、選び方、保存方法、旬の時期
「イワシ・鰯」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス