イワナ

【意味】 イワナとは、サケ科イワナ属の淡水魚。体は黄褐色で、背側面に淡黄褐色の斑点が散在。日本産淡水魚の中で最も高地の渓流にすむ。キリクチ。ゴギ。ダンブリ。イモホリ。嘉魚。

【イワナの語源・由来】

イワナの「ナ」は、「フナ(鮒)」や「メジナ(眼仁奈)」の「ナ」と同じく、「魚」を表す語。
イワナは岩陰にひそんで昆虫や小魚を捕食することから、「岩の間にすむ魚」の意味で「岩魚」と名付けられた。
最も高地にすむイワナの特徴から、イワナの「イワ」はアイヌ語で「山」を意味する「イワ」とも言われるが、アイヌ語の「イワ」と和語の「ナ」が合わさり、ひとつの名前になることは考えがたい。

【関連語】

アマゴ・甘子(あまご) アメマス・雨鱒(あめます) アユ・鮎(あゆ)
イクラ イトウ・伊富・伊富魚(いとう) イモホリ・芋掘り(いもほり)
岩(いわ) イワメ・岩女(いわめ) カペリン・キャペリン
カラフトシシャモ・樺太柳葉魚 カラフトマス・樺太鱒 川・河(かわ)
カワマス・河鱒(かわます) 黄色(きいろ) キュウリウオ・胡瓜魚
キリクチ・切り口(きりくち) キングサーモン ギンザケ・銀鮭(ぎんざけ)
クニマス・国鱒(くにます) ゴギ 昆虫(こんちゅう)
サーモン 魚(さかな) サクラマス・桜鱒(さくらます)
サケ・鮭(さけ) サツキマス・五月鱒・皐月鱒 シシャモ・柳葉魚(ししゃも)
シラウオ・白魚(しらうお) 筋子(すじこ) ダンブリ
チカ トラウト ニギス・似義須・似鱚(にぎす)
ニジマス・虹鱒(にじます) ヒメマス・姫鱒(ひめます) ビワマス・琵琶鱒(びわます)
フナ・鮒(ふな) ベニザケ・紅鮭(べにざけ) マス・鱒(ます)
マスノスケ・鱒の介 メジナ・目仁奈・眼仁奈 山(やま)
ヤマメ・山女(やまめ) ワカサギ・公魚(わかさぎ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス