イチョウ

【意味】 イチョウとは、イチョウ科の落葉高木。中国原産。種の実は銀杏として食用にされ、葉は血行促進・ボケ予防に良いとされる。

【イチョウの語源・由来】

葉がカモの水掻きに似ていることから、中国では「鴨脚」といわれ、「イチャオ」「ヤチャオ」「ヤーチャオ」「ヤーチャウ」などと発音された。
これが日本に入り、「イーチャウ」を経て「イチョウ」になった。
「銀杏」を唐音で「インチャウ」といい、「イキャウ」となって「イチョウ」になったとする説もあるが、説明の取り間違いによるものである。
歴史的仮名遣いは「いてふ」とされてきたが、これは葉の散るさまが蝶に似ていることから「寝たる蝶(いたるちょう)」の意味で「イチョウ」になったとする説や、「一葉(いちえふ)」を語源とする説が定説となっていたことによるもので、これらの説が否定された今日では「いちゃう」が歴史的仮名遣いとなっている。
漢字の「銀杏」は実の形がアンズに似て殻が銀白であることに由来し、「公孫樹」は植樹した後、孫の代になって実が食べられるという意味によるもので、共に中国語から。

【関連語】

足・脚・肢(あし) アンズ・杏子・杏(あんず) イチョウイモ・銀杏芋
イチョウウキゴケ・銀杏浮苔 イチョウゴケ・銀杏苔 イワイチョウ・岩銀杏
大銀杏(おおいちょう) カエデ・楓(かえで) カモ・鴨(かも)
殻(から) 木・樹(き) 銀杏(ぎんなん)
乳銀杏(ちちいちょう) チョウ・蝶(ちょう) 葉(は)
花・華(はな) 孫(まご) 実(み)
ミズイチョウ・水銀杏 紅葉(もみじ) 紅葉狩り(もみじがり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス