一点張り

【意味】 一点張りとは、ひとつの事だけを押し通すこと。

【一点張りの語源・由来】

近世後期の博打用語。
さいころ博打や花札などで、同じところばかり賭け続けることを「一点張り」と言った。
そこから、他の事をかえりみず、ひとつの事だけを押し通すことを言うようになった。
「仕事一点張り」と言えば「仕事ばかりしてつまらない人」といった意味、「仕事一筋」と言う場合は「ひたむきに仕事をする人」といった意味で使われるように、普通、「一点張り」にはマイナス要素が含まれ、「一筋」にはプラス要素が含まれている。

【関連語】

意気地(いくじ) 意固地・依怙地(いこじ) 一目散(いちもくさん)
一生懸命(いっしょうけんめい) 一心不乱(いっしんふらん) 一辺倒(いっぺんとう)
一本槍(いっぽんやり) 同じ(おなじ) 頑な(かたくな)
株を守りて兎を待つ 我武者羅(がむしゃら) ガリ勉(がりべん)
生真面目(きまじめ) 強情・剛情(ごうじょう) 拘り(こだわり)
ゴリ押し(ごりおし) サイコロ 仕事(しごと)
地道(じみち) しゃかりき 杓子定規(しゃくしじょうぎ)
遮二無二(しゃにむに) ステレオタイプ つまらない
とことん 兎に角(とにかく) 賭博(とばく)
熱心(ねっしん) 博打(ばくち) 励む(はげむ)
花札(はなふだ) 張る・貼る(はる) 只管(ひたすら)
直向き(ひたむき) 一筋(ひとすじ) 墨守(ぼくしゅ)
真面目(まじめ) マンネリ 夢中(むちゅう)
無二無三(むにむさん) 専ら(もっぱら) 紋切り型(もんきりがた)
横紙破り(よこがみやぶり) 横車を押す(よこぐるまをおす)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

一点張り(いってんばり)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス