営む(いとなむ) - 語源由来辞典

営む

【意味】 営むとは、忙しく仕事をする。生活のために仕事をする。経営する。職業としてする。神事・仏事を行う。支度する。用意する。

【営むの語源・由来】

営むは、「暇がない」「忙しい」とう意味の形容詞「いとなし(暇無し)」の語幹に、動詞を作る語尾「む」が付いた語で、元々は「忙しく物事をする」「せっせと務める」という意味であった。
怠ることなく物事に務める意味から、営むは「執り行う」「準備する」「こしらえる」「経営する」という意味を生じた。
その他、営むの語源には、「いと」が「いたずく(労く)」の「いた」と同語で、「なむ」は「なり(業)」とする説や、「いとあむ(糸編)」が転じたとする説などあるが、いずれも音から当てただけである。

【関連語】

商い(あきない) 商人(あきんど) 編む(あむ)
忙しい(いそがしい) 勤しむ(いそしむ) 致す(いたす)
労く(いたずく) 糸(いと) 暇・遑(いとま)
売る(うる) 営業(えいぎょう) 怠る(おこたる)
行う(おこなう) 会社(かいしゃ) 稼ぐ(かせぐ)
カンパニー 切り盛り(きりもり) 暮らし(くらし)
経営(けいえい) 経済(けいざい) 拵える(こしらえる)
熟す(こなす) 仕事(しごと) 支度・仕度(したく)
商人(しょうにん) ショップ ストア
為る(する) 生活(せいかつ) 仕える(つかえる)
勤める(つとめる) 成す・為す(なす) 生業(なりわい)
励む(はげむ) 働く(はたらく) ビジネス
暇・閑・隙(ひま) 店(みせ) 儲ける(もうける)
催す(もよおす) 休む(やすむ) 遣り繰り(やりくり)
遣る(やる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス