いとこ煮

【意味】 いとこ煮とは、小豆・カボチャ・ゴボウ・芋・大根・豆腐などを煮えにくいものから順に入れ、味噌か醤油で味付けした料理。いとこ汁。従弟煮。従兄煮。

【いとこ煮の語源・由来】

いとこ煮は、堅いものから順に煮ていく料理で、「追い追い煮る」の意味から「追い追い」と「甥々(おいおい)」と掛けた洒落で、「いとこ煮」と呼ばれるようになったというのが定説である。
その他、「甥々」の補足的な語源説で「銘々に煮る」の意味で、「姪々(めいめい)」とも掛けられているといった説や、いとこ煮は様々な野菜が煮られ、種類は異なるが野菜は野菜であることから、近親関係のいとこに見立てたとする説がある。
「従弟似(いとこに)」という言葉を元に、「甥々」や「近親関係」などの意味が加わり、「いとこ煮」になったとする説もあるが、突如「従弟似」という言葉が出るのは不自然なので、影響を受けたとしても、意味が先にあって生まれた呼称と考えるべきであろう。
いとこ煮の作り方は、豆と野菜を煮るという点では全国的に共通しているが、煮た小豆や大根を具にした味噌汁をさす地域もある。
いとこ煮は、神に供えた食物を寄せ集めて煮ることから始まった料理で、元々は盆や正月、祭礼時に食べられていた。

【関連語】

アズキ・小豆(あずき) 磯部煮(いそべに) 従兄弟・従姉妹(いとこ)
イモ・芋・薯・藷(いも) 旨煮・甘煮(うまに) 甥(おい)
おかず 小倉煮(おぐらに) お盆(おぼん)
オランダ煮(おらんだに) カボチャ・南瓜(かぼちゃ) 神(かみ)
がめ煮(がめに) 甘露煮(かんろに) 儀助煮(ぎすけに)
金平(きんぴら) 釘煮(くぎに) 具足煮(ぐそくに)
ゴボウ・牛蒡(ごぼう) 桜煮(さくらに) 沢煮(さわに)
時雨煮(しぐれに) 治部煮(じぶに) 正月(しょうがつ)
醤油(しょうゆ) 汁(しる) 鼈煮(すっぽんに)
駿河煮(するがに) 仙台煮(せんだいに) 供える(そなえる)
ダイコン・大根(だいこん) 筑前煮(ちくぜんに) 佃煮(つくだに)
定家煮(ていかに) 豆腐(とうふ) 土佐煮(とさに)
難波煮(なんばに) 南蛮煮(なんばんに) 煮染め(にしめ)
煮る(にる) 翡翠煮(ひすいに) 風呂吹き大根(ふろふきだいこん)
鼈甲煮(べっこうに) 祭り(まつり) マメ・豆(まめ)
味噌(みそ) 姪(めい) 大和煮(やまとに)
吉野煮(よしのに) 利休煮(りきゅうに) 料理(りょうり)
レシピ 若竹煮(わかたけに)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス