痛い

【意味】 痛いとは、肉体的に苦しい。精神的につらい。苦痛を感じる。甚い。イタイ。

【痛いの語源・由来】

痛いは「痛む」と同根で、程度のはなはだしさ・ひどさを表す「いた(甚)」から派生した形容詞。
本来は、肉体的・精神的に程度の激しい刺激を受けた時の感覚を広く指し、「非常に素晴らしい」「はなはだしく立派」などプラスの意味でも用いられた。
現代では、プラスの意味で「痛い」を用いることは少ないが、「いたく感動した」という際の「いたく(痛く・甚く)」が、このような意味で用いられる。
勘違いしている人を見て「痛い人」などと言う時の「痛い」は、「かわいそう」「気の毒だ」「恥ずかしい」といった「痛々しい」の意味が派生したもので、多く「イタイ(イタい)」とカタカナ表記される。

【関連語】

熱い・暑い(あつい) 甚(いた) 痛々しい(いたいたしい)
痛く・甚く(いたく) 居た堪れない(いたたまれない) 痛ましい(いたましい)
痛み分け(いたみわけ) 痛む・傷む(いたむ) 疼く(うずく)
痒い(かゆい) 辛い(からい) 可哀相・可哀想(かわいそう)
傷(きず) 気の毒(きのどく) 擽ったい(くすぐったい)
苦しい(くるしい) ケガ・怪我(けが) 煙い・煙たい(けむい・けむたい)
こそばゆい 痺れる(しびれる) 素晴らしい(すばらしい)
堪らない(たまらない) 冷たい(つめたい) 辛い(つらい)
激しい・烈しい(はげしい) 恥ずかしい(はずかしい) 甚だしい(はなはだしい)
酷い(ひどい) 眩しい(まぶしい) むず痒い(むずがゆい)
立派(りっぱ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス