イタチ

【意味】 イタチとは、食肉(ネコ)目イタチ科の哺乳類。体は細く、脚が短く、尾は長い。夜行性でネズミやニワトリ、昆虫などを捕食。敵に襲われると肛門腺から悪臭を放って逃げる。

【イタチの語源・由来】

イタチの語源は諸説あるが、代表的な説は以下のとおりである。
1.魚を捕らえるのが上手く食い尽くしてしまうため、「ウオタチ(魚絶ち)」とする説。
2.体毛が赤く、前足を上げて立ち上がった姿が火柱に似ることから、「ヒタチ(火立ち)」とする説。
3.獲物を捕らえる時、息をしないで近づくことから「イキタチ(息絶ち)」とする説。
4.敵に襲われると屁を放って逃げることから、「イタヘハナチ(痛苦屁放)」とする説。
5.背伸びをして周囲の状況を偵察することから、「立つ」に軽くはずみを表す発語の接頭語「い」を加えた「いっ立ち」が転じたとする説。
断定は難しいが、目にしやすいイタチの習性は立っている姿なので、「2」か「5」の説が有力と考えられる。

【関連語】

アナグマ・穴熊(あなぐま) アルマジロ イイズナ・飯綱(いいずな)
息(いき) イタチグサ・鼬草(いたちぐさ) いたちごっこ
鼬無き間の貂誇り 鼬無き間の鼠 鼬の道切り(いたちのくびきり)
鼬の最後っ屁 鼬の目陰(いたちのまかげ) 鼬眉目よし(いたちみめよし)
ウサギ・兎(うさぎ) ウッドチャック 尾(お)
オコジョ おなら 鎌鼬(かまいたち)
カワウソ・獺・川獺(かわうそ) クズリ・屈狸(くずり) グリソン
昆虫(こんちゅう) 魚(さかな) スカンク
ゾリラ タイラ 立つ(たつ)
テン・貂・黄鼬(てん) ニワトリ・鶏(にわとり) ネコ・猫(ねこ)
ネズミ・鼠(ねずみ) ハツカネズミ・二十日鼠 火(ひ)
ビーバー フェレット プレーリードッグ
屁(へ) マーモット ミンク
ムササビ モグラ・土竜(もぐら) モモンガ
モルモット ラッコ ラット
ラテール リス・栗鼠(りす)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス