いす

【意味】 いすとは、腰をかけて座るための道具。腰掛け。官職・役職などの地位。ポスト。

【いすの語源・由来】

いすは「倚子」と漢字表記し、「いし(「し」は漢音)」と呼ばれていた。
「倚」の漢字は「よりかかる」という意味があり、「子」は「帽子」や「冊子」などと同じく、物の名に添えられる接尾語である。
禅宗の伝来以後、「倚子」は「椅子」と表記されるようになり、「子」を唐音読みして「いす」と呼ばれるようになった。
「椅」の漢字は「よりかかる木」という意味で、「倚」と「椅」の意味に大差はない。
禅宗の渡来以前は、宮中の高官だけが使用するものであったが、渡来後は、禅僧が説教する際に用いる腰掛けを指すようになった。
近世以降は、いすが西洋の習慣と考えられ、多くは西洋風の建物で用いられた。
一般家庭に洋間が取り入れられるようになってからは、多くの場所でいすが用いられるようになった。
「いし」と呼ばれていた時代から、西洋文化が入るまでの長い間、いすは特別な人が使用するものとされていたため、「社長の椅子」や「大臣の椅子」など、「いす」が特別な地位を表す言葉として用いられるのも、その名残と考えられている。

【関連語】

胡座・胡坐・胡床(あぐら) 後釜(あとがま) カーペット
カウチ 脚立(きゃたつ) キャビネット
位(くらい) 茣蓙・蓙(ござ) 腰(こし)
コタツ・炬燵・火燵(こたつ) 座禅・坐禅(ざぜん) 冊子(さっし)
しゃがむ 書斎(しょさい) 座る・坐る(すわる)
正座・正坐(せいざ) 席(せき) 膳(ぜん)
総領の甚六(そうりょうのじんろく) ソファー 蹲踞(そんきょ)
台(だい) 卓(たく) 畳(たたみ)
棚(たな) 端座・端坐(たんざ) タンス・箪笥(たんす)
チェア チェスト 卓袱台(ちゃぶだい)
鎮座(ちんざ) 机(つくえ) 蹲う・踞う(つくばう)
テーブル デスク 道具(どうぐ)
ベンチ 帽子(ぼうし) ポスト
筵・蓆・席・莚(むしろ) 櫓(やぐら) 床(ゆか)
ラグ ラック

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス