一生懸命

【意味】 一生懸命とは、全力を挙げて物事をするさま。命懸けで物事をするさま。

【一生懸命の語源・由来】

一生懸命は、「一所懸命」が本来の形である。
一所懸命は、中世の武士が先祖伝来の所領を命懸けで守ったことに由来し、切羽詰った状態にも使われた。
近世以降、「一所懸命」は「命懸けで何かをする」といった意味だけが残ったため、「一所」が「一生」と間違われて「一生懸命」となり、発音も「いっしょけんめい」から「いっしょうけんめい」に変わった。
「いっしょうけんめい」を「一生懸命」と書くのは誤用とされることもあるが、上記のとおり「いっしょう」と発音されるのは「一所」が「一生」と間違われた後のことで、「いっしょうけんめい」の漢字は「一生懸命」で正しい。
また、「一所懸命」は先祖から受け継いだ土地を守る意味を含んでおり、現在使われている意味とは異なる。
そのため、「一生懸命」と「一所懸命」のどちらを使っても、意味の点では正しくもなければ間違いでもなく、正否を問うことが間違いである。

【関連語】

齷齪(あくせく) 意気地(いくじ) 意固地・依怙地(いこじ)
一目散(いちもくさん) 一心不乱(いっしんふらん) 一点張り(いってんばり)
命(いのち) 大童(おおわらわ) 我慢(がまん)
我武者羅(がむしゃら) ガリ勉(がりべん) 頑張る(がんばる)
生真面目(きまじめ) きりきり舞い(きりきりまい) 蛍雪の功(けいせつのこう)
地道(じみち) しゃかりき 遮二無二(しゃにむに)
切羽詰る(せっぱつまる) 他力本願(たりきほんがん) 力(ちから)
てんてこ舞い(てんてこまい) とことん 兎に角(とにかく)
熱心(ねっしん) 背水の陣(はいすいのじん) 励む(はげむ)
ハッスル 只管(ひたすら) 直向き(ひたむき)
一筋(ひとすじ) 武士(ぶし) 踏ん張る(ふんばる)
真面目(まじめ) 向きになる(むきになる) 夢中(むちゅう)
無二無三(むにむさん) 吝か(やぶさか)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

一生懸命(いっしょうけんめい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
一所懸命の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
一生懸命の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス