居候

【意味】 居候とは、他人の家に世話になり養ってもらうこと。また、その人。食客。厄介。掛り人。

【居候の語源・由来】

近世の公文書に同居人の肩書きとして、「○○方居候」などと記したことから出た語。
「居」は「存在する」「居る」の意味、「候」は「あり」の謙譲語で「であります」「でございます」を表し、「居ります」が居候の原義であった。
居候は家族制度からあぶれた者を社会的に認知するために用いられた肩書きであったが、川柳などではその肩書きの狭さや独立心の無さを笑いの対象として扱われた。
明治時代以降には、「迷惑な厄介者」という意味合いで用いられるようになった。

【関連語】

赤の他人(あかのたにん) 肩書き(かたがき) 客(きゃく)
乞食(こじき) ごろつき ジプシー
脛を齧る(すねをかじる) 住みか・棲みか(すみか) 世話(せわ)
川柳(せんりゅう) ニート パラサイト
浮浪(ふろう) 放浪(ほうろう) ボヘミアン
迷惑(めいわく) 妾(めかけ) 養う(やしなう)
厄介(やっかい) 流浪(るろう) ルンペン
浪人(ろうにん)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

居候(いそうろう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
居候のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス