伊勢海老

【意味】 伊勢海老とは、イセエビ科の海産のエビ。体長約35センチに達する。姿が立派で美しく、美味であることから、祝儀用・正月の飾りなどにも用いられる。伊勢えび。鎌倉えび。

【伊勢海老の語源・由来】

江戸中期の本草書『大和本草』に「此のエビ、伊勢より多く来る故、伊勢蝦といふ」とあり、当時の都であった京都には伊勢産のものが多く出回ったことから、地名に由来する名と考えられている。
その他、磯で多く獲れるエビであるからという説や、「威勢がいい」と掛けたという説もあるが、同書には「江戸には鎌倉より来る故、鎌倉エビと称す」ともあり、伊勢地方では「志摩海老」と呼ばれていたため、地名からと考えるのが妥当である。
「伊勢海老」が一般的な呼称となった理由は定かでないが、漁獲量の多さのほか、古くから祝儀用にされるエビなので、伊勢神宮と結び付けられたと考えられる。

【関連語】

アマエビ・甘海老(あまえび) 祝い(いわい) ウシエビ・牛海老(うしえび)
エビ・海老・蝦(えび) オードブル おせち料理(おせちりょうり)
オマール クマエビ・熊海老(くまえび) クルマエビ・車海老
サクラエビ・桜海老(さくらえび) サソリ・蠍(さそり) ザリガニ
サルエビ・猿海老(さるえび) シバエビ・芝海老(しばえび) シャコ・蝦蛄(しゃこ)
シュリンプ 正月(しょうがつ) タイショウエビ・大正海老
ヌカエビ・糠海老(ぬかえび) プローン ボタンエビ・牡丹海老
ロブスター

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス