イサキ

【意味】 イサキとは、スズキ目イサキ科の海水魚。全長約40センチ。体は細長い楕円形で側扁し、体色は緑褐色。幼魚は背側に黄褐色の縦帯が3本ある。伊佐幾。鶏魚。

【イサキの語源・由来】

イサキの「イサ」は「イソ(磯)」で、「キ」は「魚」を意味する接尾語か、別種で混同されるシマイサキが警戒音を発することから「ナキ(鳴き)」の略という。
「伊佐木」や「伊佐幾」の漢字表記は、当て字で意味はない。
「鶏魚」と書くのは、背ビレの棘がニワトリの鶏冠に似ているからといわれる。

【関連語】

アカタチ・赤太刀(あかたち) アカメ・赤女(あかめ) アジ・鯵(あじ)
アマダイ・甘鯛(あまだい) アラ イシダイ・石鯛(いしだい)
イスズミ・伊寿墨(いすずみ) 磯(いそ) イトヨリダイ・糸縒鯛(いとよりだい)
海(うみ) キス・鱚(きす) キントキダイ・金時鯛
クロオビダイ・黒帯鯛 コショウダイ・胡椒鯛(こしょうだい) コロダイ・胡盧鯛(ころだい)
魚(さかな) シイラ シマイサキ・縞伊佐木
スズキ・鱸(すずき) タイ・鯛(たい) ダイミョウサギ・大名鷺
タカノハダイ・鷹の羽鯛 タカベ タナバタウオ・七夕魚
テッポウウオ・鉄砲魚 テンジクダイ・天竺鯛 刺・棘(とげ)
トサカ・鶏冠(とさか) 泣く・鳴く・啼く(なく) ニベ
ニワトリ・鶏(にわとり) ハタ・羽太(はた) ヒゲダイ・髭鯛(ひげだい)
ヒメジ・非売知(ひめじ) 鰭(ひれ) フエダイ・笛鯛(ふえだい)
フエフキダイ・笛吹鯛 ブラックバス フレンチグラント
ムツ ユゴイ・湯鯉(ゆごい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス