イルカ

【意味】 イルカとは、クジラ目ハクジラ類のうち、体長4~5メートル以下(厳密な区別はない)の種類の総称。

【イルカの語源・由来】

イルカの語源は、以下の通り諸説あるが未詳。
1.イルカ漁をすると大量に血が流れ出て、辺り一面が血の臭いになることから、「チノカ(血臭)」が転じたとする説。
2.「行く」を意味する「ユルキ」が転じたとする説。
3.海面に頭を出し入れすることから、一浮一没の魚の意味で「イリウク(入浮)」が転じたとする説。
4.よく入り江に入ってくるので、「イルエ(入江)」が転じたとする説。
5.「イルカ」の「イル」は「イヲ(魚)」で、「カ」は食用獣をいう語とする説。
イルカを「ユリカ」と呼ぶ地方もあり、この方言が訛ったものでなければ「2」の説が有力である。
最も有力な説は「5」で、古く「ウロコ」は「イロコ」と呼ばれており、「イル」や「イロ」「イヲ」は魚を表す言葉に用いられる。
また、食べ物の神は「ウカノミタマ(食稲塊)」と呼ばれ、「ウカ」には「食」の意味があり、「稲」が陸上の食「ウカ」とすれば、水中の「ウカ」が「イルウカ」や「イロウカ」と呼ばれ、転じて「イルカ」になったことは十分に考えられる。
「イルカ」の漢字「海豚」は中国語を当て字にしたもので、海に棲む豚に似た生き物の意味である。
中国では「海豚」の他に「海猪」や「江豚」とも書かれ、日本でも『和名抄』には「江豚 伊流可」とある(『古事記』では「入鹿魚」)。

【関連語】

アザラシ・海豹(あざらし) アシカ・海驢・葦鹿(あしか) イッカク・一角(いっかく)
イネ・稲(いね) イノシシ・猪(いのしし) イワシクジラ・鰯鯨
海(うみ) ウミウソ・海獺(うみうそ) 鱗(うろこ)
オットセイ・膃肭臍(おっとせい) カワウソ・獺・川獺(かわうそ) クジラ・鯨(くじら)
獣(けもの) コククジラ・克鯨(こくくじら) ゴンドウクジラ・巨頭鯨
魚(さかな) サカマタ・逆叉・逆戟(さかまた) ザトウクジラ・座頭鯨
シャチ・鯱(しゃち) ジュゴン・儒艮(じゅごん) シロナガスクジラ・白長須鯨
スナメリ・砂滑(すなめり) セイウチ・海象・海馬 セミクジラ・背美鯨
血(ち) トド・海馬(とど) ドルフィン
匂い・臭い(におい) ハンドウイルカ・半道海豚 ビーバー
フグ・河豚(ふぐ) ブタ・豚(ぶた) マッコウクジラ・抹香鯨
マナティー ミンククジラ・ミンク鯨 ラッコ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス