刺青

【意味】 刺青とは、針や刃物で皮膚を傷つけ、肌に墨・朱・ベンガラ・カルミン・インディゴなどの色料を刺し入れ、文字や絵画などを描くこと。入墨。

【刺青の語源・由来】

刺青は「入れ墨」の別称で、本来は「しせい」と読むが、当て字として用いられるようになったもの。
谷崎潤一郎が明治43年(1910年)に発表した小説「刺青(しせい)」以降、特に、「いれずみ」を「刺青」と表記することが多くなった。
「刺青」のほか、「文身(ぶんしん)」や「黥(げい)」を「いれずみ」と読ませることもある。
入れ墨は、前科のしるしとして行われた刑罰のひとつで、江戸時代には、上腕部を一周する単色の線が二、三本入れられた。
これは、古代中国の五刑のひとつ「黥(げい)」に由来する。
江戸時代、ファッションとしての入れ墨は「彫り物」と呼ばれ、刑罰の「入れ墨」と区別されることが多かった。
彫り物は、遊び人などの間で盛んに行われたものだが、自らが入れる入れ墨は、元々は、漁師が遭難で死んだ際の身元確認のためや、火消しの鳶が粋を見せるために行ったものであったといわれる。
刺青を入れることは、「入れる」「彫る」「刺す」と言うほか、「きざむ」「さく」「もどろく」などと言う。

【関連語】

アート 青(あお) 入れる(いれる)
色(いろ) インディゴ 腕(うで)
絵・画(え) 白粉(おしろい) 書く・描く・画く(かく)
カルミン 皮・革(かわ) 刻む(きざむ)
隈取り(くまどり) 倶利迦羅紋紋(くりからもんもん) 黥(げい)
裂く・割く(さく) 刺す(さす) 朱(しゅ)
炭・墨(すみ) 線(せん) タトゥー・TATTOO
鳶職(とびしょく) ネイルポリッシュ 刃(は)
肌・膚(はだ) 針(はり) ピアス
ファッション ファンデーション 文身(ぶんしん)
ペイント ペディキュア ヘナ・ヘンナ
紅(べに) ベンガラ 掘る・彫る(ほる)
マスカラ マニキュア メイク
文字(もじ) 斑く・文く(もどろく) 模様(もよう)
ヤクザ ルージュ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス