硫黄

【意味】 硫黄とは、酸素族元素の一。元素記号「S」 原子番号16。原子量32.07。温泉や火山地帯に多く産する。火薬・マッチ・医薬品の原料、ゴム製造などに用いられる。

【硫黄の語源・由来】

硫黄を古くは「ユワウ(ユオウ)」と言った。
『和名抄』には「硫黄」に「ユノアワ」の訓があることから、「ユアワ(湯泡)」が転じて「ユワウ(ユオウ)」となり、「イオウ」になったといわれる。
「硫」は「石」と「流」の略体からなる字で、火山の噴火物が流れて生じる鉱物を表し、漢音では「リュウ(リウ)」、呉音では「ル」と発音する。
これを日本化して「ユ」と発音し、「黄」の呉音「オウ(ワウ)」から「ユワウ(ユオウ)」となり、「イオウ」になったとする説もある。

【関連語】

アルゴン 泡(あわ) 石(いし)
ガス・瓦斯(がす) 黄色(きいろ) キセノン
空気(くうき) クリプトン ゴム
酸素(さんそ) 水素(すいそ) セレン
炭素(たんそ) 窒素(ちっそ) 流れる(ながれる)
ネオン ヘリウム マッチ
湯(ゆ) ラドン リン・燐(りん)
沸く・湧く・涌く(わく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス