【意味】 犬とは、食肉目イヌ科の哺乳類。古くから、番犬・猟犬・愛玩犬などとして飼われている。

【犬の語源・由来】

犬は縄文時代から家畜化されており、自然界の言葉と同じく基礎語にあたるため、語源は以下の他にも多くの説があるが特定は難しい。
1.「イ」は「イヘ(家)」の意味で、「ヌ」は助詞。
2.「イヌ(寝ぬ)」の意味や、「家で寝る」の意味で「イヌル」の下略。
3.すぐに立ち去ってしまうことから、「イヌ(往ぬ・去ぬ)」。
4.「唸る(うなる)」の古語「イナル」の語幹「イナ」の転。
5.他の動物と同様に、また、「犬」の字音が「クエンクエン」という鳴き声から「ケン」であるように、鳴き声が語源で「ワンワン」や「キャンキャン」が転じたもの。
江戸時代以前、犬の鳴き声は「ビヨビヨ」「ビョウビョウ」と表現されていたことを踏まえると、鳴き声を語源とするのは考え難いが、更にそれ以前どう表現をされていたか不明であるため、完全に否定することはできない。
小犬を表す「狗」は「エヌ」と呼ばれており、「イヌ」と「エヌ」が正確に区別されていたとすれば、「イ」は区別するための音で、「ヌ」に「犬」を表す意味が含まれている可能性が高い。
漢字の「犬」はイヌを表した象形文字。
「狗」は、「犬」と音符「句」からなる会意兼形声文字で、「句」は「小さくかがむ」の意味。

【関連語】

家(いえ) 戌・戌年(いぬ・いぬどし) イヌガシ・犬樫(いぬがし)
イヌガヤ・犬榧(いぬがや) イヌガラシ・犬芥子(いぬがらし) イヌコウジュ・犬香じゅ
イヌゴマ・犬胡麻(いぬごま) イヌコリヤナギ・犬行李柳 イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
イヌサフラン・犬サフラン イヌシタムシ・犬舌虫 イヌセンブリ・犬千振
イヌタデ・犬蓼(いぬたで) 犬蹲い(いぬつくばい) イヌツゲ・犬黄楊(いぬつげ)
犬に論語(いぬにろんご) イヌノヒゲ・犬の鬚(いぬのひげ) イヌノフグリ・犬の陰嚢
イヌビエ・犬稗(いぬびえ) イヌブナ・犬仙毛欅(いぬぶな) イヌマルバヤナギ・犬丸葉柳
イヌワシ・犬鷲・狗鷲(いぬわし) 唸る(うなる) 犬子・犬児・狗児(えのころ)
オオカミ・狼(おおかみ) 屈む(かがむ) 噛ませ犬(かませいぬ)
キツネ・狐(きつね) キンタマーニドッグ グレートデーン
鶏鳴狗盗(けいめいくとう) 犬猿の仲(けんえんのなか) 犬兎の争い(けんとのあらそい)
犬馬の労(けんばのろう) 狡兎死して走狗烹らる 声(こえ)
狛犬(こまいぬ) コヨーテ コリー
サモエド 去る(さる) サルーキ
シーズー シープドッグ シェパード
柴犬(しばいぬ・しばけん) シャーペイ シュナウザー
スパニエル スピッツ セッター
セントバーナード 走狗(そうく) ダックスフント
タヌキ・狸(たぬき) ダルメシアン チャウチャウ
チワワ 狆(ちん) 天狗(てんぐ)
ドーベルマン ドッグ 虎を描きて狗に類す
泣く・鳴く・啼く(なく) ネコ・猫(ねこ) 寝る(ねる)
野良犬(のらいぬ) ハウンド パグ
ハスキー(犬) パピヨン(犬) ビーグル
ビーシュラ ビションフリーゼ ピットブル
プードル ブリーダー ブルドッグ
ペット ポインター(犬) 吠える(ほえる)
ボクサー(犬) ポメラニアン ボルゾイ
マラミュート マルチーズ ヤブイヌ・藪犬・薮犬(やぶいぬ)
羊頭狗肉(ようとうくにく) ヨークシャーテリア 竜を描きて狗に類す
レトリバー ワイマラナー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス