いのしし

【意味】 いのししとは、ウシ目イノシシ科の動物で、ブタの原種。体長約1.5メートル。肉は山鯨・牡丹と称し食用とされる。しし。い。いのこ。

【いのししの語源・由来】

「猪(い)の獣(しし)」という意味。
「い」は鳴き声を表した擬声語で、「ウィ」と発音し、古くは単に「ヰ(ゐ)」と呼ばれた。
現在でも、干支を表す際には「い(亥)」と言う。
「しし」は元々「肉」という意味であったが、転じて「食用にする獣」となり、さらに「獣一般」を指すようになった語なので、「ウィ」と鳴く食用動物がいのししの語源である。
漢字の「猪」は中国語では一般的に「ブタ」を表し、いのししは「野猪」と表記される。
幼いイノシシにはシマウリに似た縦斑があるため、子供のイノシシは「瓜坊(ウリボー)」と呼ばれる。

【関連語】

亥・亥年(い・いどし) イヌ・犬・狗(いぬ) ウサギウマ・兎馬・驢
ウシ・牛(うし) ウリ・瓜(うり) 干支(えと)
お猪口(おちょこ) カバ・河馬(かば) カモシカ・羚羊・氈鹿(かもしか)
カリブー キリン・麒麟(きりん) ケッテイ
獣(けもの) 声(こえ) シカ・鹿(しか)
獣・鹿・猪(しし) ジャコウジカ・麝香鹿 スイギュウ・水牛(すいぎゅう)
畜生(ちくしょう) トナカイ ドンキー
泣く・鳴く・啼く(なく) 肉(にく) ヌー
バイソン バッファロー ヒツジ・羊(ひつじ)
ブタ・豚(ぶた) ぼたん(猪の肉) ヤク
ヤギ・山羊(やぎ) 山鯨(やまくじら) ラクダ・駱駝(らくだ)
ラバ・騾馬(らば) レイヨウ・羚羊(れいよう) ロバ・驢馬(ろば)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス