因果

【意味】 因果とは、原因と結果。また、その関係。悪行の報い。不運な巡り合わせ。

【因果の語源・由来】

因果は、「原因と結果」を意味するサンスクリット語「hetu-phala」の漢訳で、仏教語。
仏教では、よい行為(善因)には善い報い(善果)が生じ、悪い行為(悪因)には悪い報い(悪報)が生じることをいう。
特に、前世や過去の悪業によって、現在の不幸があるとする考えをいうことから、因果は悪行の報いや、不幸、不運の意味で用いられることが多くなった。

【関連語】

煽りを食う(あおりをくう) 好い・善い・良い(いい) 因果応報(いんがおうほう)
因果を含める(いんがをふくめる) 因縁(いんねん) 縁(えん)
結果(けっか) 原因(げんいん) 業(ごう)
幸せ(しあわせ) 自業自得(じごうじとく) 獣食った報い(ししくったむくい)
自縄自縛(じじょうじばく) しっぺ返し(しっぺがえし) 祟り(たたり)
因み(ちなみ) 付けが回る(つけがまわる) 罰(ばち)
ペナルティ 身から出た錆(みからでたさび) 報い・酬い(むくい)
縁(ゆかり) 良い・善い・好い(よい) 悪い(わるい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス