インフルエンザ

【意味】 インフルエンザとは、風邪の一種であるが、ウィルスの種類が異なるため、高熱が出るだけでなく、脳炎や心不全など重症化する恐れのある感染症。流行性感冒。流感。

【インフルエンザの語源・由来】

インフルエンザは、「影響」を意味するイタリア語「influenza」が語源である。
16世紀のイタリアでは、この病気の原因がわからず、冬に流行し春になると終息することから、占星術師らは惑星の並びが影響していると考えていた。
「星の影響による病気」ということで、病名に「影響」を意味する「influenza」と名付けたのである。
イタリア語での発音は「インフルエンツァ」となるが、「pizza(ピッツァ)」を「ピザ」というように、日本では「インフルエンザ」と発音されている。

【関連語】

【関連リンク】

「風邪」と「インフルエンザ」の違い
インフルエンザの意味・類語
「インフルエンザ」の雑学一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス