【意味】 稲とは、イネ科の一年草。東南アジア原産。実は米として広く主食とされる。

【稲の語源・由来】

稲の語源は以下の通り諸説あり、「食糧」「生命」「寝具」「原産地」のどれに重きを置くかによって見解が異なる。
稲は食糧として重要なものであることから、「いひね(飯根・飯米)」の意味とする説。
稲は食糧のほか藁を加工して多くのものが作られ、日本人の生活と切っても切れない関係にあることから、「いのちね(命根)」「いきね(生根)」「いきね(息根)」の約など「生命」と結びつける説。
稲の藁は布団や畳などに加工され、古代人は藁を敷いて寝ていたことや、正月の忌み言葉として「寝ね(いね)」と掛けた「稲挙ぐ」「稲積む」という言葉があることから、「いね(寝ぬ)」の連用形が名詞化された説。
稲は原産地の言葉に基づくもので、ジャワのスンダ語「binih」、セレベス島のバレエ語「wini」などと同源とする説。
漢字の「稲」は、漢音で「ドウ・ダウ」、呉音で「ダオ」と発音し、音読みの「トウ(タウ)」には繋がるが、「いね」の語源とは関係ない。
「旧」の部分は本来「臼」の字で、右側部分は臼の中でこねることを表している。

【関連語】

アシ・葦・蘆・葭(あし) アズマネザサ・東根笹 アゼガヤ・畦茅(あぜがや)
アブラススキ・油薄・油芒 アワ・粟(あわ) 息(いき)
生きる(いきる) イチゴツナギ・苺繋 イナズマ・稲妻(いなずま)
稲荷(いなり) イヌビエ・犬稗(いぬびえ) 稲挙ぐ(いねあぐ)
イネコキナ・稲核菜 稲積む(いねつむ) 命(いのち)
イワスゲ・岩菅(いわすげ) ウシノシッペイ・牛の竹篦 臼(うす)
ウラハグサ・裏葉草 粳(うるち) エノコログサ・狗尾草
エンバク・燕麦(えんばく) オオカニツリ・大蟹釣 オオムギ・大麦(おおむぎ)
オギ・荻(おぎ) オヒシバ・雄日芝(おひしば) カズノコグサ・数の子草
カゼクサ・風草(かぜくさ) カニツリグサ・蟹釣草 カモガヤ・鴨茅(かもがや)
カモジグサ・髢草(かもじぐさ) カモノハシ・鴨嘴(かものはし) カヤ・茅・萱(かや)
カラス麦・烏麦(からすむぎ) カリヤス・刈安・青茅 カルカヤ・刈萱・刈茅
キビ・黍・稷(きび) 草(くさ) クサヨシ・草葦(くさよし)
コウライシバ・高麗芝 御飯(ごはん) コバンソウ・小判草
コブナグサ・小鮒草 コムギ・小麦(こむぎ) 米(こめ)
ササ・笹・篠(ささ) ササガヤ・笹萱(ささがや) ササクサ・笹草(ささくさ)
サトウキビ・砂糖黍 シコクビエ・四国稗 シバ・芝(しば)
シャリ・舎利(しゃり) ジュズダマ・数珠玉 新米(しんまい)
ススキ・薄・芒(すすき) スズメノカタビラ・雀の帷子 スズメノチャヒキ・雀の茶挽
スズメノテッポウ・雀の鉄砲 スズメノヒエ・雀の稗 田(た)
ダイマチク・大麻竹 タイミンチク・大明竹 タケ・竹(たけ)
畳(たたみ) タツノヒゲ・竜の鬚 ダンチク・葮竹・暖竹
チガヤ・茅・茅萱(ちがや) チカラシバ・力芝 チゴザサ・稚児笹(ちござさ)
チヂミザサ・縮笹 チモシー テフ
トウジンビエ・唐人稗 トウモロコシ・玉蜀黍 ドクムギ・毒麦(どくむぎ)
ドジョウツナギ・泥鰌繋ぎ トダシバ・戸田芝(とだしば) 苗(なえ)
ナガハグサ・長葉草 ナリヒラダケ・業平竹 ニワホコリ・庭埃(にわほこり)
ヌカボ・糠穂(ぬかぼ) ヌマガヤ・沼茅・沼萱 根(ね)
ネズミノオ・鼠の尾 ネマガリダケ・根曲がり竹 寝る(ねる)
ノガリヤス・野刈安 ハダカムギ・裸麦(はだかむぎ) ハトムギ・鳩麦(はとむぎ)
花・華(はな) ハマニンニク・浜蒜 パンパスグラス
ヒエ・稗(ひえ) ヒメコバンソウ・姫小判草 布団(ふとん)
ホウキモロコシ・箒蜀黍 マコモ・真菰(まこも) マチク・麻竹(まちく)
実(み) ムギ・麦(むぎ) 飯(めし)
メダケ・女竹・雌竹(めだけ) メヒシバ・雌日芝(めひしば) モウソウチク・孟宗竹
モロコシ・蜀黍・唐黍 ヤダケ・矢竹・箭竹(やだけ) ヨシ・葦・蘆・葭(よし)
ライス ライ麦(らいむぎ) リボングラス
レモングラス 藁(わら)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス