イナズマ・稲妻(いなずま) - 語源由来辞典

稲妻

【意味】 稲妻とは、空中電気の放電によってひらめく火花。稲光(いなびかり)。稲魂(いなたま)。稲交接(いなつるび)。いなづま。

【稲妻の語源・由来】

稲妻は、「稲の夫(つま)」の意味から生まれた語。
古代、稲の結実時期に雷が多いことから、雷光が稲を実らせるという信仰があった。
そのため、稲妻は「稲光」「稲魂」「稲交接」とも呼ばれ、頭に「稲」が付けられる。
稲妻の「つま」は、古くは夫婦や恋人が互いに相手を呼ぶ言葉で、男女関係なく「妻」「夫」ともに「つま」といった。
雷光が稲を実らせるという信仰から、元来は「稲の夫」の意味で、現代では「つま」という語に「妻」が用いられるため、「稲妻」になったと考えられる。
「稲妻」と「雷」の違いは、語源的に考えれば「稲妻」が「光」で、「雷」が「音」である。
語源を考慮しなかったとしても、「雷」は雲と雲との間、または雲と地面の間に起こる放電現象の全てを意味し、「稲妻」はその放電によって起こる光のみをさす。

【関連語】

アベック 雨(あめ) 嵐(あらし)
霰(あられ) 雷(いかずち) イネ・稲(いね)
夫(おっと) 音(おと) 颪(おろし)
風・風邪(かぜ) カップル カミナリ・雷(かみなり)
狐の嫁入り(きつねのよめいり) 雲(くも) 曇り(くもり)
木枯らし(こがらし) 東風(こち) サイクロン
五月雨(さみだれ) 時雨(しぐれ) 時化(しけ)
篠突く雨(しのつくあめ) ストーム 青天の霹靂
空(そら) 台風(たいふう) 津波(つなみ)
妻(つま) 梅雨(つゆ) 天気(てんき)
菜種梅雨(なたねづゆ) 疾風(はやて) ハリケーン
春一番(はるいちばん) 晴れ(はれ) 光(ひかり)
氷雨(ひさめ) 雹(ひょう) 吹雪(ふぶき)
霙(みぞれ) 実る(みのる) メイストーム
雪(ゆき)

【関連リンク】

稲妻/電(いなずま)の意味・類語・同音異義語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス