いなせ

【意味】 いなせとは、粋で勇み肌でさっぱりしているさま。また、その容姿や、そのような気風の若者。

【いなせの語源・由来】

江戸日本橋魚河岸(うおがし)の若者の間で流行した髪型に由来する。
その髪型は、魚のイナ(ボラ)の背に似ていることから、「鯔背銀杏(いなせいちょう)」と呼ばれた。
そこから、魚河岸の若者(鯔背銀杏を結った若者)のように、粋で勇み肌の者を「いなせ」と呼ぶようになった。
「帰す」「行かせる」などを意味する「いなす(往なす)」の名詞形とする説もあるが、「いなす」は上方、「いなせ」が江戸の言葉であることから考えがたい。

【関連語】

垢抜け(あかぬけ) 粋(いき) イケてる
勇み肌(いさみはだ) イナ・鯔(いな) 大銀杏(おおいちょう)
お洒落(おしゃれ) 乙(おつ) 男伊達(おとこだて)
気質(かたぎ) 髪(かみ) 気っ風(きっぷ)
小股の切れ上がった 魚(さかな) 背・背中(せ・せなか)
伊達(だて) 丁髷(ちょんまげ) 伝法肌(でんぽうはだ)
風流(ふうりゅう) ボラ・鯔・鰡(ぼら) 野暮(やぼ)

【関連リンク】

いなせの意味・類語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス