いなり寿司

【意味】 いなり寿司とは、甘く煮た油揚げの中に鮨飯を詰めたもの。しのだ寿司。狐寿司。おいなりさん。稲荷ずし。稲荷鮨。

【いなり寿司の語源・由来】

いなり寿司の語源は、稲荷神の使いである狐の好物に由来する。
古くから狐の好物は鼠の油揚げとされ、狐を捕まえる時にも鼠の油揚げが使われた。
そこから、豆腐の油揚げが稲荷神に供えられるようになり、豆腐の油揚げが狐の好物になったとされる。
その豆腐の油揚げを使う寿司なので、「いなり寿司」や「「狐寿司(きつねずし)」と呼ばれるようになった。
いなり寿司の発祥は、愛知県豊川市にある豊川稲荷の門前町で、天保の大飢饉の頃に考え出されたといわれる。

【関連語】

あがり(お茶) 油揚げ(あぶらあげ) 洗い(あらい)
飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし) 飯無し鮨(いいなしずし) 一夜鮨(いちやずし)
稲荷(いなり) 卯の花寿司(うのはなずし) 江戸前(えどまえ)
恵方巻き(えほうまき) 大阪鮨(おおさかずし) おから
お造り(おつくり) おにぎり おむすび
かっぱ巻き(かっぱまき) 神(かみ) ガリ
がんもどき キツネ・狐(きつね) きつねうどん・そば
金平(きんぴら) 腐り鮨(くさりずし) 軍艦巻き(ぐんかんまき)
毛抜き鮨(けぬきずし) 杮寿司(こけらずし) 御飯(ごはん)
米(こめ) 刺身(さしみ) しのだうどん・そば
信太寿司(しのだずし) 信太巻き(しのだまき) シャリ・舎利(しゃり)
助六寿司(すけろくずし) 寿司・鮨・鮓(すし) 雀鮨・雀寿司(すずめずし)
タタキ 散らし寿司(ちらしずし) 釣瓶鮨(つるべずし)
鉄火巻き(てっかまき) 田楽(でんがく) 豆腐(とうふ)
トロ 馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし) ネズミ・鼠(ねずみ)
バッテラ 冷奴(ひややっこ) 飛竜頭(ひりょうず)
麻婆豆腐(まーぼーどうふ) ムラサキ・紫(むらさき) 飯(めし)
目張り寿司(めはりずし) 弥助鮨(やすけずし) 湯葉(ゆば)
ライス

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス