イナ・鯔(いな) - 語源由来辞典

イナ

【意味】 イナとは、全長20センチメートル程度のボラの若魚。ナヨシ。

【イナの語源・由来】

稲の茎が腐ったものがこの魚に変化するという俗伝から、「稲魚」の意味に由来するといった説がある。
しかし、「魚」は「ナ」と呼ばれるため、「いな(稲)」と「な(魚)」を掛けた名ではなく、「イナ」の「イ」に単独の意味があると考えるのが普通なので、「イナ」の呼称からこの俗伝が生じたともいわれる。
その他の語源には、神に供えることができなかったという神話から、否み嫌うの意味で「否(イナ)」もしくは「否魚(イナ)」といった説もある。
オボコとスパシリの中間にあたるボラの幼魚「イナッコ」は、「イナ」に小さいものを表す「こ(子・小)」を加えた名である。

【関連語】

イキナゴ イセゴイ・伊勢鯉(いせごい) 鯔背(いなせ)
イネ・稲(いね) 嫌・厭・否(いや) エブナ・江鮒(えぶな)
オボコ 神(かみ) からすみ
茎(くき) 腐る(くさる) クチメ・口女(くちめ)
子(こ) 魚(さかな) 出世魚(しゅっせうお)
スバシリ・州走・洲走(すばしり) 供える(そなえる) 算盤玉(そろばんだま)
小さい(ちいさい) トド・鯔(とど) ナタネボラ
ナヨシ・名吉・鯔(なよし) ハク・白(はく) ハラブト・腹太(はらぶと)
ボラ・鯔・鰡(ぼら) メナダ・目奈陀・赤目魚

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス