いまいましい

【意味】 いまいましいとは、悔しく腹立たしい。しゃくにさわる。忌忌しい。忌ま忌ましい。

【いまいましいの語源・由来】

いまいましいは、不吉なものやけがれを避けて慎む意味の動詞「忌む(いむ)」の連用形を重ねて形容詞化した語。
同様に「いま」を使った語には、「いまわしい(忌まわしい)」がある。
本来、いまいましいは不吉で忌み慎むべきである状態を表したが、そこから「残念だ」「心残りだ」を意味するようになり、「腹立たしい」「しゃくにさわる」へと変化した。
漢字では「忌々しい(忌忌しい)」と表記するのが一般的となっているが、この語の成り立ちを見ても解るとおり、本来は「忌ま忌ましい」と表記するのが正しい。

【関連語】

怒る(いかる) 憤る(いきどおる) いけ好かない(いけすかない)
厭わしい(いとわしい) 忌まわしい(いまわしい) 忌む(いむ)
嫌・厭・否(いや) イライラ 恨む・怨む(うらむ)
羨ましい(うらやましい) お冠(おかんむり) 怒る(おこる)
癇癪玉(かんしゃくだま) 癇に障る(かんにさわる) 冠を曲げる(かんむりをまげる)
嫌い(きらい) 悔しい・口惜しい(くやしい) 逆鱗に触れる(げきりんにふれる)
剣幕(けんまく) 業腹(ごうはら) 残念(ざんねん)
地団駄を踏む(じだんだをふむ) 癪に障る(しゃくにさわる) 癪の種(しゃくのたね)
癪の虫(しゃくのむし) 切歯扼腕(せっしやくわん) 嫉む・妬む・猜む(そねむ)
慎む・謹む(つつしむ) 旋毛を曲げる(つむじをまげる) 鶏冠に来る(とさかにくる)
憎い(にくい) 妬む・嫉む(ねたむ) 腹が立つ(はらがたつ)
僻む(ひがむ) 顰蹙を買う(ひんしゅくをかう) 臍を曲げる(へそをまげる)
むかつく 向かっ腹(むかっぱら) 焼き餅(やきもち)
八つ当たり(やつあたり) やっかむ 柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

忌ま忌ましい(いまいましい)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス