イクラ

【意味】 イクラとは、サケやマスの卵を塩漬けにした食品。日本では成熟した卵を一粒ずつ分離したものを言い、分離していないものは「筋子」と言う。

【イクラの語源・由来】

ロシア語「Икра(ikra)」に由来するが、ロシア語では「魚の卵」「小さく粒々のもの」を意味し、日本でいう「イクラ」は「イクラ・クラスナヤ(赤いイクラ)」、「キャビア」は「イクラ・チョールナヤ(黒いイクラ)」である。
日本では、日露戦争出兵時にロシア人がキャビアの代用品として食べた事に始まり、昭和初期まで日本の市場で「キャビア」として出回っていたのは、「イクラ」であったといわれる。

【関連語】

赤(あか) アマゴ・甘子(あまご) アメマス・雨鱒(あめます)
アユ・鮎(あゆ) イトウ・伊富・伊富魚(いとう) イモホリ・芋掘り(いもほり)
イワナ・岩魚(いわな) イワメ・岩女(いわめ) 数の子(かずのこ)
カペリン・キャペリン からすみ カラフトシシャモ・樺太柳葉魚
カラフトマス・樺太鱒 カワマス・河鱒(かわます) キャビア
キュウリウオ・胡瓜魚 キリクチ・切り口(きりくち) キングサーモン
ギンザケ・銀鮭(ぎんざけ) クニマス・国鱒(くにます) 黒(くろ)
ゴギ サーモン 魚(さかな)
サクラマス・桜鱒(さくらます) サケ・鮭(さけ) サツキマス・五月鱒・皐月鱒
塩(しお) シシャモ・柳葉魚(ししゃも) シラウオ・白魚(しらうお)
筋子(すじこ) 卵・玉子(たまご) タラコ・鱈子(たらこ)
ダンブリ チカ トラウト
ニギス・似義須・似鱚 ニジマス・虹鱒(にじます) ヒメマス・姫鱒(ひめます)
ビワマス・琵琶鱒(びわます) ベニザケ・紅鮭(べにざけ) マス・鱒(ます)
マスノスケ・鱒の介(ますのすけ) 明太子(めんたいこ) ヤマメ・山女(やまめ)
ワカサギ・公魚(わかさぎ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス