生き馬の目を抜く

【意味】 生き馬の目を抜くとは、素早く事をするさま。他人を出し抜いて利益を得るさま。油断も隙もないこと。

【生き馬の目を抜くの語源・由来】

故事などから生じたことわざではなく、素早く物事をすることを「生きた馬の目ですら抜き取ってしまうほど早い」と喩えた表現である。
「馬の目」と喩えられた理由は、類句に「生き牛の目を抜く」があるため、人との関わりが深い動物であったからと考えられる。
そして、牛よりも馬の方が足が速く、目を抜くことがより難しそうであることから、「生き牛」よりも「生き馬」が一般的に用いられるようになったのであろう。
その他、「生き馬の目を抜く」と同様の句には、「生き馬の目を抉る」や「生き牛の目を抉る」がある。
「抉る(くじる)」は、「えぐって中の物を取り出す」の意味。
「生き馬の目を抜く」には「他人を出し抜く」といった意味もあるが、「目を抜く」から「抜け目ない」が連想されたものか定かでない。
「油断ならない」という意味においては、「尻毛を抜く」が類句として挙げられる。

【関連語】

あくどい 阿漕(あこぎ) 呆気ない(あっけない)
いきなり 生きる(いきる) 韋駄天(いだてん)
ウシ・牛(うし) 烏兎怱怱(うとそうそう) ウマ・馬(うま)
勘定高い(かんじょうだかい) 間髪を容れず(かんはつをいれず) 抉る(くじる)
曲者(くせもの) 小賢しい(こざかしい) 忽然(こつぜん)
諺(ことわざ) 賢しい(さかしい) 直(じき)
強か(したたか) 尻毛を抜く(しりげをぬく) 隙(すき)
直ぐ(すぐ) 素早い(すばやい) 世知賢い(せちがしこい)
世知辛い(せちがらい) 世知弁・世智弁(せちべん) 刹那(せつな)
即座(そくざ) 直ちに(ただちに) 忽ち(たちまち)
短兵急(たんぺいきゅう) 束の間(つかのま) 咄嗟(とっさ)
俄(にわか) 抜く・貫く(ぬく) 抜け目がない(ぬけめがない)
早い・速い(はやい) ふと 目・眼(め)
油断(ゆだん) 油断大敵(ゆだんたいてき) 要領(ようりょう)
利益(りえき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス