いきなり

【意味】 いきなりとは、何の前ぶれもなく突然。

【いきなりの語源・由来】

いきなりは、「行き(いき)」と「成り(なり)」で、いきなりとなった。
本来は事が進むにまかせてや、成り行きまかせと同じ意味で使われていたが、転じて突然の意味を持つようになった語である。
「成り」は動詞「成る(なる)」の連用形で、「○○するまま」といった意味があり、「言いなり」や「それなり」など広く使われている。

【関連語】

朝っぱら(あさっぱら) 呆気ない(あっけない) 慌ただしい(あわただしい)
生き馬の目を抜く 驚く・愕く・駭く(おどろく) 俄然(がぜん)
間髪を容れず(かんはつをいれず) ぎゃふん 忽然(こつぜん)
直(じき) 直ぐ(すぐ) 素っ頓狂(すっとんきょう)
素早い(すばやい) ズバリ 青天の霹靂
刹那(せつな) 即座(そくざ) 直ちに(ただちに)
忽ち(たちまち) たまげる 単刀直入(たんとうちょくにゅう)
短兵急(たんぺいきゅう) 束の間(つかのま) 唐突(とうとつ)
度肝を抜く(どぎもをぬく) 咄嗟(とっさ) 突如(とつじょ)
突然(とつぜん) 突飛(とっぴ) 突拍子もない(とっぴょうしもない)
俄(にわか) 寝耳に水(ねみみにみず) はしょる
早い・速い(はやい) びっくり 豹変(ひょうへん)
降って湧く(ふってわく) ふと 矢庭に(やにわに)
藪から棒(やぶからぼう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

いきなりの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス