【意味】 池とは、地面を掘って水を湛えたところ。地面の窪地に水が溜まったところ。普通、湖沼より小さいものをいう。

【池の語源・由来】

池の語源は、「いけ(生)」の意味と考えられている。
その根拠には、魚を生かせておくところであるため「いけ(生)」とする説と、水が涸れるのに対し「いけ(生)」とする説がある。
寝殿造りや寺院の庭園に見られる池を元にすれば、魚を生かせておくところと考えられるが、地名に「池」のつくところは稲作が普及した地域と重なることから、涸れないために水を湛えておくところで「いけ(生)」の意味とも考えられ、特定は難しい。
漢字の「池」の「也」は、「蛇」の原字「它」が変化した文字で、長く伸びた爬虫類の姿を描いた象形文字である。
「水(三水)」と「也」からなる「池」は、帯状に長く伸びた溝や溜池を表している。

【関連語】

生きる(いきる) 泉(いずみ) 井戸(いど)
海原(うなばら) 海(うみ) 浦(うら)
丘・岡・陸(おか) 沖(おき) 涸れる(かれる)
川・河(かわ) 岸(きし) コイ・鯉(こい)
魚(さかな) 鹿威し(ししおどし) 酒池肉林(しゅちにくりん)
添水(そうず) 田(た) 滝(たき)
湛える(たたえる) 谷(たに) 溜まる・貯まる(たまる)
ダム 池魚の殃(ちぎょのわざわい) ドブ・溝(どぶ)
長い・永い(ながい) 庭(にわ) 沼(ぬま)
伸びる・延びる(のびる) 畑・畠(はたけ) 林(はやし)
ビーチ プール ヘビ・蛇(へび)
堀・濠・壕(ほり) 岬(みさき) 水(みず)
湖(みずうみ) 溝(みぞ) 港・湊(みなと)
森(もり) 山(やま) 陸(りく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス