いかずち

【意味】 いかずちとは、かみなり。なるかみ。いかづち。

【いかずちの語源・由来】

いかずちの「いか」は、「たけだけしい」「荒々しい」「立派」などを意味する形容詞「厳し(いかし)」の語幹で、「ず(づ)」は助詞の「つ」。
いかずちの「ち」は、「みずち(水霊)」や「おろち(大蛇)」の「ち」と同じ、霊的な力を持つものを表す言葉で、「厳(いか)つ霊(ち)」が語源である。
本来、いかずちは鬼や蛇、恐ろしい神などを表す言葉であったが、自然現象の中でも特に恐ろしく、神と関わりが深いと考えられていた「雷」を意味するようになった。

【関連語】

雨(あめ) 荒々しい(あらあらしい) 荒い・粗い(あらい)
嵐(あらし) 霰(あられ) 厳つい(いかつい)
厳めしい(いかめしい) イナズマ・稲妻(いなずま) 恐ろしい(おそろしい)
鬼(おに) 颪(おろし) 大蛇(おろち)
風・風邪(かぜ) 神(かみ) カミナリ・雷(かみなり)
狐の嫁入り(きつねのよめいり) 雲(くも) 曇り(くもり)
木枯らし(こがらし) 東風(こち) サイクロン
五月雨(さみだれ) 時雨(しぐれ) 時化(しけ)
篠突く雨(しのつくあめ) ストーム 青天の霹靂
空(そら) 台風(たいふう) 猛々しい(たけだけしい)
力(ちから) 津波(つなみ) 梅雨(つゆ)
天気(てんき) 菜種梅雨(なたねづゆ) 疾風(はやて)
ハリケーン 春一番(はるいちばん) 晴れ(はれ)
光(ひかり) 氷雨(ひさめ) 雹(ひょう)
吹雪(ふぶき) ヘビ・蛇(へび) 水(みず)
霙(みぞれ) メイストーム 雪(ゆき)
立派(りっぱ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「雷」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス