いかなご

【意味】 いかなごとは、スズキ目イカナゴ科の海水魚。全長約25センチ。体は細長く、腹びれがない。幼魚は煮干しや佃煮(くぎ煮)にし、成魚は天ぷらにする。コウナゴ。カマスゴ。カナギ。

【いかなごの語源・由来】

いかなごの「いか」は「いかが(如何)」「いかなる(如何なる)」などの「いか」、「なご」は「な(魚)」「ご(子)」で、「いかなる魚」という意味。
「いかなご」の「いか」が「いか(如何)」であるのは、カマスに似ていて区別がつきにくところからと言われる。
しかし、「いか(如何)」は「どのような」「どんな」といった全く不明な際に用いられる語であるため、カマスに似ていることは関係ないと思われる。
いかなごは、夏に砂に潜って夏眠する習性があり、夏にどのような生活をしているか、漁師たちには不明であったところからの「いか(如何)」であろう。
漢字の「玉筋魚」は漢名を拝借したもので、「いかなご」の音や意味とは全く関係ない。
「玉筋魚」の「玉」は群れているさまを表し、「筋」は姿が筋のように見えるところから。

【関連語】

海(うみ) カナギ カマス・梭魚・梭子魚(かます)
カマスゴ・加末須古(かますご) 釘煮(くぎに) コウナゴ・小女子(こうなご)
魚(さかな) シンコ・新子(しんこ) 筋(すじ)
スズキ・鱸(すずき) 砂(すな) 玉・球・弾・珠(たま)
縮緬雑魚(ちりめんじゃこ) 佃煮(つくだに) 天ぷら(てんぷら)
夏(なつ) ハタハタ・鰰(はたはた) ブリコ
フルセ・古背(ふるせ) 群れ(むれ) メロウド・女郎人(めろうど)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス