イカ

【意味】 イカとは、頭足綱十腕目の軟体動物門の総称。10本の細長い腕(一般には足と呼ぶ)をもち、そのうち2本の触腕で捕食などをする。敵にあうと墨を出して逃げる。

【イカの語源・由来】

その形状から「いかつい(厳つい)」「いかめしい(厳めしい)」の「いか」とする説や、「い」が発語で「か」が腹部にある「甲」の意味とする説。
「い」が「白」を意味し「か」が「堅い」とする説や、タコに比べよく泳ぐことから「いか(行か)」の意味など諸説あるが未詳。
漢字の由来は、いつも水面に浮かんで死んでいるように見えるため、それをカラスがついばもうとするとイカは腕を伸ばして巻きつき、カラスを捕らえるという中国の言い伝えによるもので、カラスにとって恐ろしい賊のようなものという意味から、「烏賊」と表記されるようになった。

【関連語】

アオリイカ・障泥烏賊 アカイカ・赤烏賊(あかいか) 足・脚・肢(あし)
あたりめ 厳つい(いかつい) 厳めしい(いかめしい)
イソギンチャク・磯巾着 腕(うで) ウニ・海胆・海栗・雲丹
ウミシダ・海羊歯(うみしだ) ウミユリ・海百合(うみゆり) 堅い・固い・硬い(かたい)
カミナリイカ・雷烏賊 カラス・烏(からす) クラゲ・水母・海月(くらげ)
クリオネ ゲソ・下足(げそ) ケンサキイカ・剣先烏賊
コウイカ・甲烏賊(こういか) ゴトウイカ・五島烏賊 サクライカ・桜烏賊(さくらいか)
サヤナガ・鞘長(さやなが) 塩辛(しおから) シリクサリ・尻腐(しりくさり)
シリヤケイカ・尻焼烏賊 白(しろ) ジンドウイカ・陣胴烏賊
炭・墨(すみ) スミイカ・墨烏賊(すみいか) スルメ・鯣(するめ)
スルメイカ・鯣烏賊 素麺(そうめん) ダイオウイカ・大王烏賊
タコ・蛸(たこ) タコイカ・蛸烏賊(たこいか) タツノオトシゴ
ダンゴイカ・団子烏賊 ツツイカ・筒烏賊(つついか) トビイカ・鳶烏賊(とびいか)
ナマコ・海鼠(なまこ) ハナイカ・花烏賊(はないか) ハリイカ・針烏賊(はりいか)
ハリナシコウイカ・針無甲烏賊 ヒトデ・海星(ひとで) ボウズイカ・坊主烏賊
ホタルイカ・蛍烏賊 ホヤ・海鞘・老海鼠(ほや) マツイカ・松烏賊(まついか)
松笠烏賊(まつかさいか) ミズイカ・水烏賊(みずいか) ミミイカ・耳烏賊(みみいか)
モイカ・藻烏賊(もいか) モンゴウイカ・紋甲烏賊 ヤリイカ・槍烏賊(やりいか)
ユウレイイカ・幽霊烏賊

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス