いじめ

【意味】 いじめとは、自分より弱い立場の者を、暴力や嫌がらせによって肉体的・精神的に苦しめること。イジメ。

【いじめの語源・由来】

動詞「いじめる(苛める・虐める)」を名詞化した語。
「いじめる」は「いじる」からか、「いじ(意地)」の活用と考えられるが断定は難しい。
「囲締(いじめ)」の意味からといった説もあるが、いじめの原義には集団による行為の意味は含まれていない。
特に集団による行為をさすようになったのは、1980年代初頭から、陰湿な校内暴力を言うようになってからである。
「いじめにあう」ではなく「いじめられる」としか言わなかったように、社会的問題となるまで名詞の使用例は非常に少ない。
名詞の「いじめ」が成立したのは、陰湿な校内暴力が増えたことと、その問題がクローズアップされたことからといえる。

【関連語】

生け贄・生贄(いけにえ) 弄る(いじる) 意地悪(いじわる)
甚振る(いたぶる) いびる 嫌・厭・否(いや)
嫌味・厭味(いやみ) 嫌らしい(いやらしい) カツアゲ
鴨にする(かもにする) からかう 腐す(くさす)
グル 貶す(けなす) 喧嘩(けんか)
苛む(さいなむ) 虐げる(しいたげる) シカト
四面楚歌(しめんそか) 白羽の矢が立つ ストーカー
スパルタ教育(きょういく) 折檻(せっかん) 集る(たかる)
爪弾き(つまはじき) 嬲る・弄る(なぶる) パシリ
ハラスメント 村八分(むらはちぶ) 弄ぶ・玩ぶ(もてあそぶ)
槍玉に挙げる(やりだまにあげる) リンチ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス