唯々諾々

【意味】 唯々諾々とは、何事にも他人の言いなりになるさま。唯唯諾諾。

【唯々諾々の語源・由来】

「唯」には「ただ」「ひたすら」という意味のほか、即座に「はい」と返事をする意味があり、「唯々」で「はいはい」とすぐさまに返事をすることを表す。
「諾」は引き受けることを意味し、「諾々」で「かしこまりました」と承知することを表す。
中国の『韓非子』に「此れ人主、未だ命ぜずして唯唯、未だ使わずして諾諾」の例が見られる。

【関連語】

相鎚・相槌(あいづち) 承る(うけたまわる) 受ける・請ける・承ける・享ける
内股膏薬(うちまたこうやく) 頷く(うなずく) 諾う(うべなう)
OK ガッテン・合点(がってん) 驥尾に付す(きびにふす)
後塵を拝する(こうじんをはいする) 郷に入っては郷に従え 答える・応える(こたえる)
従う・随う・遵う(したがう) 尻馬に乗る(しりうまにのる) 素直(すなお)
節を曲げる(せつをまげる) 即座(そくざ) 唯・只(ただ)
角を折る(つのをおる) 長い物には巻かれろ 靡く(なびく)
只管(ひたすら) 日和見(ひよりみ) 不承不承((ふしょうぶしょう)
夫唱婦随(ふしょうふずい) 二つ返事(ふたつへんじ) 付和雷同(ふわらいどう)
洞ヶ峠(ほらがとうげ) 認める(みとめる)

【関連リンク】

唯々諾々の意味・類語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス