イイダコ

【意味】 イイダコとは、マダコ科のタコ。全長約25センチ。佃煮や干し蛸にする。イシダコ。

【イイダコの語源・由来】

イイダコの産卵期は、冬から春先。
この時期に雌を煮ると、胴の中に飯粒がいっぱい詰まっているように見えることから「飯蛸」の名がついた。

【関連語】

アオイガイ・葵貝(あおいがい) カイダコ・貝蛸(かいだこ) クラゲダコ・水母蛸(くらげだこ)
米(こめ) タコ・蛸(たこ) タコブネ・蛸船(たこぶね)
卵・玉子(たまご) 佃煮(つくだに) 粒(つぶ)
テナガダコ・手長蛸(てながだこ) 煮る(にる) 春(はる)
冬(ふゆ) ミズダコ・水蛸(みずだこ) 飯(めし)
メス・雌・牝(めす) メンダコ・面蛸(めんだこ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス