韋駄天

【意味】 韋駄天とは、足の速い人。

【韋駄天の語源・由来】

バラモン教の神で仏教に取り入れられ、仏法の守護神となったものである。
仏舎利を盗んで逃げた捷疾鬼(しょうしつき)を追いかけて取り戻したことから、韋駄天は足の速い神とされる。
そこから足の速い人を言い、非常に速く走ることを「韋駄天走り」と言うようになった。
サンスクリット語「Skanda」の音写であるが、もとは「塞建陀天」や「私建陀天」と表記され、略して「建陀天」とも記された。
略記の「建陀天」から転じた理由には諸説あるが、金光明経鬼神品第十三に「違駄天」の記述があり、その誤記と道教の韋将軍信仰が合わさって「韋駄天」になったと考えられている。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 生き馬の目を抜く 駅伝(えきでん)
神(かみ) シャリ・舎利(しゃり) すばしこい・すばしっこい
素早い(すばやい) スピード 脱兎の如く(だっとのごとく)
捷い(はしかい・はしこい) 走る(はしる) 早い・速い(はやい)
ピッチ 仏(ほとけ) マラソン

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス