一枚看板

【意味】 一枚看板とは、団体の中心的人物。他に大した取り柄はないが、唯一誇れる魅力的な事物。

【一枚看板の語源・由来】

上方の歌舞伎用語で劇場の前に掲げた大きな看板を表し、江戸では「大名題(おおなだい)」といった語。
一枚看板には外題を大きく書き、その上部には主役となる役者の絵姿が描かれた。
そこから、一座の中心的役者を呼ぶようになり、転じて、組織や団体の代表人物を言うようになった。
また、一枚看板は中心となる人物の意味から転じ、唯一他人に誇れることや、一張羅の意味で用いられることもある。
「二枚目」「三枚目」があって「一枚目」が無い理由に「一枚看板」が挙げられることもあるが、「一枚看板」の語があるから「一枚目」という言葉が使われないというより、「二枚目」「三枚目」は主に容姿や言動のタイプを表すのに対し、「一枚目」は地位を表した言葉で、比較の対象にならないためと考えるのが妥当であろう。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス