著しい

【意味】 著しいとは、際立っていて目立つ。はっきりとわかる。明白である。顕著である。めざいましい。

【著しいの語源・由来】

著しいの本来の語形は「いちしるし」で、江戸時代頃から第三音節が濁音化された「いちじるし」の形が多く見られるようになった。
著しいの「いち」は、「いとうつくし」「いとおいし」の「いと」や、「いたく(甚く)感銘した」の「いたく」と同源で、程度が激しいことを表す「いち(甚)」。
著しいの「しるし(じるし)」は、物事が明白であるさまを表す「しるし(著し)」である。
上代には「いちしろし」の形も見られるが、「いちしるし」の母音交替と考えるのが一般的である。

【関連語】

あからさま 明らか(あきらか) 鮮やか(あざやか)
痛く・甚く(いたく) いと くっきり
けじめ 紅一点(こういってん) 随分(ずいぶん)
凄い(すごい) 頗る(すこぶる) 確か(たしか)
掌を指す(たなごころをさす) 頭角を現す(とうかくをあらわす) 途轍もない(とてつもない)
迚も(とても) 激しい・烈しい(はげしい) はっきり
甚だしい(はなはだしい) 酷い(ひどい) 一際(ひときわ)
一入(ひとしお) 箆棒(べらぼう) 滅法(めっぽう)
めぼしい メリハリ 物凄い(ものすごい)
歴然(れきぜん) 歴とした(れっきとした)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス