イチイ

【意味】 イチイとは、イチイ科の常緑高木。材が建材・家具・細工物などに用いられる。岐阜県飛騨地方の一位一刀彫が有名。鉛筆や箸の材料にもされる。種子や葉にはアルカロイドを含むが、薬用にもされる。実は秋に赤く熟し、多肉質で甘い。アララギ。オンコ。シャクノキ。スオウノキ。

【イチイの語源・由来】

昔、笏の材料にしたことから、位階の「正一位」「従一位」に因んだ名というのが通説。
一説には、イチイの材は他の木材に比べ非常に赤いことから、「イチ」は程度の甚だしいことを意味する「いち(甚)」、「ひ」は深紅色を表す「ひ・び(緋)」で、「いちひ(甚緋)」が語源ともいわれる。
旧かなは「イチヒ」なので音変化の点で問題なく、ブナ科の「イチイガシ」も赤いという点で一致しており、「いちひ(甚緋)」の説も十分に考えられる。

【関連語】

赤(あか) 秋(あき) 甘い(あまい)
アララギ・蘭(あららぎ) アルカロイド イチイガシ・一位樫
イヌガヤ・犬榧(いぬがや) 鉛筆(えんぴつ) オンコ
カヤ・榧(かや) 木・樹(き) キャラボク・伽羅木
薬(くすり) 位(くらい) 笏(しゃく)
シャクノキ・笏の木 スオウノキ・蘇芳の木 葉(は)
箸(はし) 甚だしい(はなはだしい) ブナ・山毛欅(ぶな)
実(み)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス