一期一会

【意味】 一期一会とは、一生に一度限りの機会。

【一期一会の語源・由来】

一期一会の語源は、「茶会に臨む際は、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ」といった、茶会の心得からである。
利休の弟子の山上宗二の『山上宗ニ記』に「一期に一度の会」とあり、ここから「一期一会」の語は茶道の言葉となった。
江戸時代末期に井伊直弼が『茶湯一会集』において、自身の茶道の一番の心得として「一期一会」を用いたことから、一般にも広く使われるようになった。
「一期」と「一会」をそれぞれ辿ると、「一期」は仏教用語で人が生まれてから死ぬまでの間を意味し、「一会」は主に法要などでひとつの集まりや会合を意味しており、ともに仏教と関係の深い言葉である。

【関連語】

合縁奇縁(あいえんきえん) 挨拶(あいさつ) 合う・会う・逢う・遭う(あう)
あばよ 会釈(えしゃく) 縁(えにし)
縁(えん) お辞儀(おじぎ) お茶(おちゃ)
オッス・押忍(おっす) おはよう きっかけ
コミュニケーション こんにちは コンパ
こんばんは さようなら ナンパ
仏(ほとけ) よろしく

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

一期一会(いちごいちえ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
一期一会の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
一期一会の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス