いちご

【意味】 いちごとは、バラ科の多年草または小低木。オランダイチゴ・ヤマイチゴ・ノイチゴ・ヘビイチゴ・キイチゴなどの総称としても用いるが、一般には実を食用とするために栽培するオランダイチゴをいう。ストロベリー。莓。

【いちごの語源・由来】

いちごは、『日本書紀』には「伊致寐姑(イチビコ)」、『新撰字鏡』には「一比古(イチビコ)」、『和名抄』には「伊知古(イチゴ)」とあり、「イチビコ」が転じて「イチゴ」になったと考えられる。
いちびこの語源は諸説あり、「い」が接頭語、「ち」は実の赤さから「血」、「びこ」は人名に用いられる「ひこ(彦)」を濁音化したもので植物の擬人化とする説。
「いちび」は「一位樫(いちいがし)」のことで、「こ」は実を意味し、いちごの実が一位樫の実と似ていることから名付けられたとする説。
「いち」は程度の甚だしいことを意味する「いち(甚)」、「び」は深紅色を表す「緋」、「こ」は接尾語か実を表す「子」の意味で、「甚緋子(とても赤い実)」とする説がある。
現在、一般的に「いちご」と呼ばれるものは、江戸時代の終わり頃にオランダから輸入された「オランダイチゴ」であるが、それ以前は「野イチゴ」を指していた。
オランダイチゴも赤い色が特徴的だが、野イチゴは更に濃い赤色であるため、いちびこ(いちご)の語源は「い血彦」や「甚緋子」など、実の赤さに由来する説が妥当。
民間語源には、1~5月に収穫されるから「いちご」などといった説もあるが、「イチビコ」の「ビ」が何を意味したか、「5(ゴ)」を「コ」と言った理由など、基本的なことに一切触れておらず説得力に欠ける。
漢字の「苺(莓)」は、「母」の漢字が「乳房」を表していることから「乳首のような実がなる草」と解釈するものもあるが、「苺」の「母」は「どんどん子株を産み出す」ことを表したものである。

【関連語】

アーモンド 赤(あか) アップル
アプリコット アンズ・杏子・杏(あんず) イチイガシ・一位樫
イヌザクラ・犬桜(いぬざくら) 色(いろ) ウメ・梅(うめ)
大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう) 株(かぶ)
カリン・花梨(かりん) 木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご)
草(くさ) 果物(くだもの) 紅(くれない)
子(こ) サクラ・桜(さくら) サクランボ
サンザシ・山査子(さんざし) ジャム シャリンバイ・車輪梅
ショートケーキ ストロベリー スモモ・李(すもも)
ソメイヨシノ・染井吉野 血(ち) チェリー
乳(ちち) デザート ナシ・梨(なし)
ナナカマド・七竈(ななかまど) バクチノキ・博打の木 甚だしい(はなはだしい)
母(はは) ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら)
ピーチ 彼岸桜(ひがんざくら) ビワ・枇杷(びわ)
プラム フルーツ プルーン
ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ボケ・木瓜(ぼけ) 実(み)
モモ・桃(もも) 八重桜(やえざくら) ヤマブキ・山吹(やまぶき)
ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー リンゴ・林檎(りんご)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス