一言居士

【意味】 一言居士とは、何事につけ何か言わないと気が済まない人。いちごんこじ。

【一言居士の語源・由来】

一言居士の「居士」は元は仏教語で、梵語「gŗhapati」。
古代インドでは資産家の家長を指し、中国では学特が高くても仕官しない人を、日本では在家で修行する男子をいった。
江戸時代頃から、男性の戒名の下に付ける敬称となった。
近代に入ると、ある性質を持った人に対し、親しみや軽いさげすみの意味を込めて「◯◯居士」と呼ぶようになり、何かにつけひとこと言わないと気の済まない人を「一言居士」というようになった。

【関連語】

揚げ足を取る(あげあしをとる) 論う(あげつらう) 言う・云う・謂う(いう)
いちゃもん いびる 嫌味・厭味(いやみ)
煩い・五月蝿い(うるさい) 男(おとこ) 戒名(かいみょう)
姦しい(かしましい) 干渉(かんしょう) 腐す(くさす)
けちをつける 貶す(けなす) 口実(こうじつ)
虚仮にする(こけにする) 小言幸兵衛(こごとこうべえ) 小爪を拾う(こづめをひろう)
ごてれつ 屍に鞭打つ(しかばねにむちうつ) 四の五の言う(しのごのいう)
しゃしゃり出る(しゃしゃりでる) 竹屋の火事(たけやのかじ) 棚卸し・店卸し(たなおろし)
茶化す(ちゃかす) 茶々を入れる(ちゃちゃをいれる) つべこべ
出しゃばる(でしゃばる) 詰る(なじる) 罵る(ののしる)
半畳を入れる(はんじょうをいれる) 皮肉(ひにく) ブーイング
屁理屈(へりくつ) 喧しい(やかましい) 野次る(やじる)
横槍(よこやり) 理屈・理窟(りくつ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス