いぼ

【意味】 いぼとは、皮膚の一部が増殖変化して、小さく盛り上がったもの。物の表面の小さな突起。

【いぼの語源・由来】

古くは「いひぼ(いいぼ)」と呼ばれており、「ひ(い)」が略されて「いぼ」になった。
「いひぼ」は「飯粒」を表す言葉であるから、皮膚にできる米粒のようなものと喩えたところからと考えられる。
漢字の「疣」は、病垂れに「犬」ではなく、「もっとも」などに用いられる「尤」である。
元々、「尤」のみで「手にできたイボ」を表したが、「尤」が「目立つ」の意味で用いられるようになったため、「疣」が「イボ」を表すようになった。

【関連語】

皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ) 汗疹(あせも)
アトピー 痘痕(あばた) アレルギー
イヌ・犬・狗(いぬ) イボガエル・疣蛙(いぼがえる) イボクサ・疣草(いぼくさ)
イボジリ・疣毟(いぼじり) イボダイ・疣鯛(いぼだい) イボタノキ・水蝋樹・疣取木
イボムシ・疣虫(いぼむし) 魚の目(うおのめ) 膿(うみ)
御出来(おでき) 皮・革(かわ) ガン・癌(がん)
傷(きず) ケガ・怪我(けが) 瘤(こぶ)
米(こめ) 痔(じ・ぢ) 凝り・痼り(しこり)
霜焼け(しもやけ) 皺・皴(しわ) 蕁麻疹(じんましん)
雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ) 田虫(たむし)
たん瘤(たんこぶ) 小さい(ちいさい) 粒(つぶ)
手(て) デコボコ・凸凹(でこぼこ) 刺・棘(とげ)
ニキビ・面皰(にきび) 麻疹(はしか) 肌・膚(はだ)
膨れる・脹れる(ふくれる) 贅(ふすべ) 砲創・砲瘡(ほうそう)
黒子(ほくろ) 肉刺(まめ) 水虫(みずむし)
飯(めし) 目立つ(めだつ) 面疔(めんちょう)
蒙古斑(もうこはん) 最も・尤も(もっとも) 物貰い(ものもらい)
火傷(やけど) 病(やまい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス