降って湧く

【意味】 降って湧くとは、物事が突然起こる。思いがけなく現れる。

【降って湧くの語源・由来】

降って湧くは、室町時代の『玉塵抄』にある「なにも根本のない、降って湧いたことか」の例が古い。
この表現は、降ったことによって沸いてくることではなく、「天から降る」と「地から沸く」を合わせた言葉で、天から降り地から沸くことが同時に起こること。
そのような思いがけない出来事に遭遇したようなという意味から、「降って湧いたような縁談」や「降った湧いたような話」などと用いるようになった。

【関連語】

現れる・表れる・顕れる いきなり 俄然(がぜん)
忽然(こつぜん) 素っ頓狂(すっとんきょう) 青天の霹靂
即座(そくざ) 卒然(そつぜん) 直ちに(ただちに)
忽ち(たちまち) 唐突(とうとつ) 咄嗟(とっさ)
突如(とつじょ) 突然(とつぜん) 突飛(とっぴ)
突拍子もない(とっぴょうしもない) どんでん返し(どんでんがえし) 俄(にわか)
寝耳に水(ねみみにみず) 豹変(ひょうへん) ふと
降る(ふる) 矢庭に(やにわに) 藪から棒(やぶからぼう)
沸く・湧く・涌く(わく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス