フトモモ

【意味】 フトモモとは、フトモモ科の常緑小高木。東南アジア原産。白い四弁の花で、雄しべが長い。果実は生食のほか、ジャムや酒に利用する。ローズアップル。ホトウ。

【フトモモの語源・由来】

身体の「太股」とは関係なく、中国名「プータオ・プータウ(蒲桃)」が沖縄方言で「フートー」となり、「フトモモ」となった。
「モモ」は漢字の「桃」からと思われるが、蒲桃の「蒲」が「プー」、「桃」が「タオ」に当たるので、本来「モモ」は必要ない。
「桜桃(おうとう)」や「夾竹桃(きょうちくとう)」など「桃」を「トウ」と読むものもあるので、「フトモモ」と「モモ」を付け加えた背景には、外来語を日本語音にする際、馴染みのある言葉に近づけようとすることに似て、「太股」の影響があったかもしれない。

【関連語】

アデク 桜桃(おうとう) オールスパイス
雄蕊(おしべ) カムカム カヤプテ・カユプテ
木・樹(き) キョウチクトウ・夾竹桃 ギョリュウバイ・御柳梅
ギンバイカ・銀梅花(ぎんばいか) グアバ クローブ
酒(さけ) ジャム 白(しろ)
チョウジ・丁子・丁字(ちょうじ) ティーツリー・ティートリー テンニンカ・天人花(てんにんか)
花・華(はな) ピメント フェイジョア
太股・太腿(ふともも) ブラシノキ・ブラシの木 マヌカニー
実(み) モモ・桃(もも) ユーカリ
レンブ・蓮霧(れんぶ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス