不届き

【意味】 不届きとは、配慮・注意が行き届かないこと。不注意なこと。道理や法にそむく行いをすること。不埒なこと。

【不届きの語源・由来】

古くは、不届きを「ぶとどき」ともいい、文字通り「届かないこと」の意味であった。
届かない対象が「法」や「道理」に当てられて、道や法にそむいた行為を意味するようになり、転じて「不埒なこと」「不注意なこと」も意味するようになった。
不届きは、中世後期以降、文書用語として用いられた言葉で、近世以降、武士の会話の中でも使われるようになった。
また、町人の間では、武士の威圧的な態度を表す言葉と受け取られ、武士をからかう際に「不届き」が用いられることもあった。

【関連語】

過ち(あやまち) 有るまじき(あるまじき) 怠る(おこたる)
落ち度(おちど) 怪しからん(けしからん) 言語道断(ごんごどうだん)
沙汰の限り(さたのかぎり) 背く・叛く(そむく) タブー
ダメ・駄目(だめ) 手落ち(ておち) 手抜かり(てぬかり)
途轍もない(とてつもない) 届く(とどく) とんでもない
酷い(ひどい) 武士(ぶし) 不埒(ふらち)
不倫(ふりん) へま 無茶苦茶(むちゃくちゃ)
滅茶苦茶(めちゃくちゃ) 滅相もない(めっそうもない) 以ての外(もってのほか)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス