ふてくされる

【意味】 ふてくされるとは、不平・不満があって、投げやりになったり反抗的になったりすること。ふてくさる。ふて腐れる。

【ふてくされるの語源・由来】

ふてくされるの「ふて」は動詞「ふてる」で、「不貞」は当て字。
ふてるは、「すねる」「投げやりな行動に出る」「強情を張る」という意味の言葉で、「ふてぶてしい」の「ふて」と同じく、「ふとい(太い)」の「ふと」からと考えられる。
ふてくされるの「くされる」は「腐る」で、「いばり腐る」「まじめ腐る」というように、相手の動作に対して軽蔑やののしりの気持ちを表す。

【関連語】

天邪鬼(あまのじゃく) いじける 腐る(くさる)
自暴自棄(じぼうじき) 捨て鉢(すてばち) 拗ねる(すねる)
雪隠の火事(せっちんのかじ) 駄々をこねる(だだをこねる) デスパレート
泣きべそをかく(なきべそをかく) 投げ遣り(なげやり) 僻む(ひがむ)
捻くれる(ひねくれる) 仏頂面(ぶっちょうづら) 太々しい(ふてぶてしい)
太い(ふとい) 臍を曲げる(へそをまげる) 滅入る(めいる)
自棄糞(やけくそ) やけっぱち やさぐれる
破れかぶれ(やぶれかぶれ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ふて腐れる(ふてくされる)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス