普請

【意味】 普請とは、家を建築や修理すること。道路や橋などの土木工事。

【普請の語源・由来】

禅宗の用語で、寺の堂塔建造などの労役に共同で従事してもらうことをいった。
建築に従事してもらうことを言うようになったのは、「普く(あまねく)人々に請う(こう)」という意味で、多くの人々に呼びかけて労役についてもらったことに由来する。
やがて、築城の際の土木工事のことも言いようになり、次第に「普く請う」の意味が薄れ、建築や土木工事の意味として「普請」が使われるようになった。

【関連語】

青田売り(あおたうり) アスファルト アパート
荒ら屋(あばらや) 遍く・普く(あまねく) 家(いえ)
家(うち) 請う・乞う(こう) 左官(さかん)
住まい(すまい) 寺(てら) 棟梁(とうりょう)
鳶職(とびしょく) 塒(ねぐら) 橋(はし)
斫り・削り(はつり) プレハブ 部屋(へや)
ボランティア マンション 道(みち)
屋敷・邸(やしき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス