ふしだら

【意味】 ふしだらとは、しまりがなく、だらしないこと。

【ふしだらの語源・由来】

ふしだらは、サンスクリット語「sutra」を音写した「修多羅」が語源である。
古代インドでは、教法を「多羅葉(たらよう)」という葉に書き、鉛筆のような物で経文を刻書し、散逸しないように穴を開け、紐を通して保存していた。
この紐や糸を「修多羅」といい、正確で歪みなく秩序よく束ねることも意味していた。
「修多羅」が音転訛して「しだら」となり、「不」をつけて「ふしだら」になったといわれる。
手拍子を打つことを意味する「しだら」を語源とする説もあるが、関連性がないため有力な説とは考えられていない。

【関連語】

曖昧(あいまい) 穴・孔(あな) あやふや
荒い・粗い(あらい) いい加減(いいかげん) 糸(いと)
有耶無耶(うやむや) 鉛筆(えんぴつ) 大雑把(おおざっぱ)
お座成り(おざなり) がさつ 仮初(かりそめ)
几帳面(きちょうめん) きちんと ぐうたら
けじめ けりをつける ズベ公(ずべこう)
境(さかい) 仕切り(しきり) 杜撰(ずさん)
ずぼら ぞんざい 束(たば)
だだくさ だらしない タラヨウ・多羅葉(たらよう)
ちゃらんぽらん ちゃんと 丁寧(ていねい)
適当(てきとう) 等閑(なおざり) 投げ遣り(なげやり)
憖っか(なまじっか) 生半可(なまはんか) ヒモ・紐(ひも)
傍若無人(ぼうじゃくぶじん) みっともない 無造作(むぞうさ)
メリハリ 忽せ(ゆるがせ) 狼藉(ろうぜき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス